アフターピルが効果を発揮

避妊をしたいと思ったその時、セックス後でもアイピルなどのアフターピルなら妊娠を防ぐ効果を持っています。その働きは一体どんなことがあるのでしょうか。

現在、多くのクリニックや産婦人科で処方されているアフターピルには、女性ホルモンの一種である黄体ホルモンに似た働きをする成分が有効成分として含まれています。

黄体ホルモンは本来、排卵後に分泌されて子宮内膜を成熟させて、妊娠がしやすい子宮内環境を整える働きをします。その間に精子が子宮内に侵入して、卵子と受精することがあれば妊娠となり、黄体ホルモンの分泌は継続されます。

しかし、妊娠に至らなければ黄体ホルモンの分泌は徐々に減っていきます。そして、分泌が停止すると子宮内膜が経血となって剥がれ落ち、生理が起こるのです。
アフターピル服用後に生理が起こる
アフターピルは、そんな女性の身体の仕組みを利用しています。アフターピルを飲むことで多量の黄体ホルモンの吸収と、それを終えた時の状態は女性の体内で生理が起こる時と同じ状況が作られます。その為、アフターピルは生理を強制的に引き起こすことができるのです。

こうして普段のホルモンバランスを大きく乱すことになるので、避妊効果を得ることの他に副作用が起こる可能性があります。よく言われる症状には、頭痛や吐き気・嘔吐・倦怠感・不正出血などがあります。

副作用は必ずしも起こる訳ではありません。全く起こらない人もいれば、病院へ行くことが必要になるほど酷い症状が現れてしまうこともあります。

あまりに副作用が辛い場合には、そのアフターピルが自身の身体に合っていない可能性もあるので、すぐに病院を受診するようにしましょう。個人差があるので自分に合ったアフターピルを見つけた上で、日頃から避妊の為に常備しておくことが大切です。